女性の薄毛を引き起こすFAGAとは? AGAとの違いや治療法を解説

薄毛は男性の悩みと思っている人もいるかもしれません。しかし、女性の薄毛は決して珍しくありません。男性以上に薄毛を気にする女性も多いでしょう。女性の薄毛は男性の薄毛と原因が異なるため、治療法も違ってくることに注意しなければなりません。ここでは、女性の薄毛の特徴や治療法について解説します。

女性の薄毛はびまん性脱毛症。髪が全体的に薄くなる

女性の薄毛

女性に多い薄毛は「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は、頭頂部の分け目を中心に髪が全体的に薄くなり、ボリュームが落ちてしまいます。若い女性にはあまり見られませんが、更年期以降の女性では高い確率で発症します。今は大丈夫でも、将来的に発症する可能性は十分あるでしょう。

びまん性脱毛症はあくまでも症状であり、脱毛を引き起こしている原因は他に存在します。最も多いのはFAGA(女性男性型脱毛症)です。FAGAでは、男性特有の薄毛である AGA(男性型脱毛症)と同じメカニズムが生じます。男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が増加し、髪の成長サイクル短くしてしまい脱毛してしまうのです。

FAGAはAGAほど急速に進行しません。また、頭頂部や前頭部の髪が大量に抜け落ちることもまれです。そのため、治療をせずに「年齢だから仕方ない」と受け入れてしまう女性も多いのです。

女性の薄毛を引き起こすFAGA。原因は加齢や出産、ストレスなど

女性の体内には、女性ホルモンと男性ホルモンが両方存在しています。女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を促す効果があります。普段は女性ホルモンが男性ホルモンを抑制しているため、男性ホルモンの働きが強く出ることはありません。男性に比べて、女性の髪が強く抜けにくいのはこのためです。
しかし、何らかの原因で女性ホルモンの働きが衰え男性ホルモンが活発化すると、FAGAを発症してしまう可能性があります。何が女性のホルモンバランスを乱してしまうのでしょうか。

加齢

女性の体内の女性ホルモンの量は、年齢とともに減少します。その結果、男性ホルモンの働きを抑えられなくなり、40歳を超えたあたりからさまざまな影響が出始めます。その1つがFAGAなのです。更年期に生じやすい症状の1つと捉えてもいいでしょう。

出産やピルの服用

妊娠中の女性は、普段に比べて女性ホルモンの量が増加します。しかし、出産が終わるとホルモンバランスを元に戻そうとして、一時的に女性ホルモンの働きが弱まることがあります。その影響で薄毛になってしまう人もいるのです。多くは3ヶ月~6か月ほどで改善しますが、産後の回復が遅い場合は薄毛も長引く可能性があります。
また、ピル(経口避妊薬)の服用をやめたあとも、妊娠出産と同じ現象が発生します。ピルは避妊や生理周期のコントロールに役立ちますが、薄毛になる可能性があることは覚えておきましょう。

ストレス

強いストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを乱します。更年期前の人でも、ホルモンバランスが乱れれば女性ホルモンの働きが弱まり、FAGAを引き起こしてしまうことがあるのです。また、自律神経の乱れは血行や新陳代謝に支障をきたし、髪に十分な栄養が行き届かず薄毛になる可能性があります。

不規則な生活、バランスの悪い食事

ホルモンバランスを保つためには、健康的な生活が何よりも大切です。睡眠不足、不規則な生活、バランスの悪い食事などは、いずれもホルモンバランスを乱すおそれがあります。女性の場合、極端なダイエットには特に注意が必要です。

女性の薄毛の治療薬は、ミノキシジルやプラセンタが使われる

女性の薄毛の治療法は投薬が主体です。男性と共通の薄毛治療薬がある一方、女性には使えない薬もあります。主な治療法を見ていきましょう

外用薬

男性のAGAの治療にも使われる「ミノキシジル」を頭皮に塗ります。ミノキシジルは毛母細胞を活性化させ、血行を促進して頭皮に栄養を送りやすくする効果があります。

内服薬

AGA の治療薬としては、薄毛の進行を抑制する効果のある「デュタステリド」「フィナステリド(プロペシア)」がよく知られていますが、これは女性に使うことができません。
女性の薄毛の治療には、「プラセンタ」「パントガール」「パントスチン」などが用いられます。「プラセンタ」は、直接頭皮に注入されることもありますが、内服薬として摂取するケースが多いです。脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどのほか、細胞の新陳代謝を整える成長因子も含んでおり、更年期症状の改善やアンチエイジング効果があるとも言われています。

メソセラピー、自家植毛など

投薬以外の治療法としては、頭皮に直接薬剤や栄養成分を注入する「メソセラピー」、自分自身の髪の毛を移植する「自家植毛」などがあります。

女性の薄毛は悩ましい。専門のクリニックへ行こう

女性の薄毛は、特定の部分が激しく脱毛するわけではないものの、全体的に髪のボリュームが落ちてしまいます。外見的には寂しい印象になり、髪型の自由も利かなくなるでしょう。原因は様々ですので、薄毛が気になり始めたら、ぜひ専門のクリニックを受診してみてください。