フィナステリドの効果とは

AGA・薄毛はいつの間にか進行しています。気がついた時には生え際が後退し、髪の1本1本が細くなり、頭皮が全体的に薄くなってしまうのです。遺伝だから仕方ないとあきらめてしまう人も多いでしょう。そんな方には、薄毛治療薬フィナステリドやデュタステリドが有効です。今回は、フィナステリドの効果や使い方を解説します。

フィナステリドは薄毛の進行を抑制する。効果は医学的に証明ずみ

フィナステリドは、アメリカの会社が開発した薄毛治療薬で、デュタステリドとともに薄毛の進行を抑制する効果があります。もともとは前立腺疾患の治療薬として開発されましたが、研究の過程で薄毛の改善効果が認められたため、薄毛治療薬に転用された経緯があります。

薄毛に効くとされるサプリメントやシャンプーは数多く発売されていますが、医学的に効果が証明され厚生労働省の認可を取得しているのは、フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドなどほんのわずかです。フィナステリドは、2005年に厚生労働省の認可を取得しています。多くのクリニックでは、薄毛治療を行う場合、フィナステリドを処方しているでしょう。

なお、フィナステリドというのは治療薬の名称で、商品としては「プロペシア」が有名です。日本では2015年にプロペシアの特許が切れているため、ジェネリック医薬品もいくつか発売されています。海外製も含めれば、フィナステリドを使った薄毛治療薬は非常にたくさんあり流通していますが、偽物や粗悪品が多いため、注意が必要です。

フィナステリド

フィナステリドは、薄毛を引き起こす酵素の作用を阻害してくれる

フィナステリドの効果を理解するためには、薄毛・AGAの発症メカニズムを知っておかなければなりません。AGAの根本的な原因は、毛母細胞内で5αリダクターゼという酵素が過剰に働くことにあります。5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結びつき、ジヒドロテストステロンに変化させてしまうのです。

通常、テストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで、2~6年とされる正常なヘアサイクルが保たれます。ところが、ジヒドロテストステロンはテストステロンよりも優先的に受容体へ結びついてしまい、髪の毛の軟毛化を引き起こし、ヘアサイクルが数か月~1年程度と短縮化され薄毛になってしまうのです。

フィナステリドは、こうしたヘアサイクルの乱れを元に戻す働きがあります。5αリダクターゼの作用を阻害し、ジヒドロテストステロンが作られるのを防ぐのです。その結果、髪の成長サイクルは正常化し、再び健康的な髪が生えてくるというわけです。 今回はフィナステリドを取り上げていますが、デュタステリドも同様の効果があってより効果が強いとされています。 フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの過剰な働きを食い止めることこそ、AGAの有効な対抗策といっていいでしょう

フィナステリドの効果が現れるまで、半年は様子を見よう

フィナステリドの効果が現れるまで、しばらく時間がかかります。髪の成長サイクルを正常化させた状態で、再び髪が生えてくるのを待たなければならないからです。5αリダクターゼの分泌量は人によって違いますから、フィナステリドの効果にも個人差があります。

早い人では3ヶ月程度で効果が現れ始めますが、一般的には、6ヶ月間は様子を見るべきとされています。また、人によっては、使用の初期段階では毛が抜けることがあります。これは初期脱毛と呼ばれ、髪の成長サイクルが正常化するための準備のようなものです。

フィナステリドは男性のみ、女性は使用できません

フィナステリドは、女性は使用することができません。 妊婦に使用するとジヒドロテストステロンの低下により、男子胎児の正常発育に影響を及ぼす可能性があるためです。また、比較的高齢の場合、フィナステリドは無効であることが確認されています。

そのため、女性はミノキシジルやプラセンタなど他の方法で治療していくことになります。

フィナステリドの主流は内服薬。初期から進行期まで使える

フィナステリドは薄毛の進行を抑制してくれるため、初期の薄毛から進行した薄毛まで、どんな薄毛に対しても効果が期待できます。しかし、発毛を促す効果はないので、進行した薄毛に対してはミノキシジルとの併用がよく行われています。

また、フィナステリドには内服薬と外用薬がありますが、主に使われるのは内服薬で、AGA クリニックでは大抵こちらが処方されます。外用薬は存在していますが、それほどメジャーではありません。これは外用薬と内服薬の使い分けが行われているミノキシジルとの大きな違いです。

個人輸入薬の使用はやめましょう

フィナステリドを個人輸入薬の形で入手する人もいるようですが、偽物や粗悪品が流通しているため、手元に届く薬品にどんな成分が含まれているか分からない場合もあります。 薄毛の治療は医師の適切な診断を受けながら行ってこそ効果があります。

安全に、そしてしっかりと薄毛を改善するのであれば、しっかりとカウンセリングを行い、正規の薬品を処方するクリニックの方が当然安心です。 個人輸入はリスクを考えると避けた方が良いでしょう。

早い段階で治療をはじめ、薄毛を改善していきましょう

当クリニックでは、フィナステリドよりも効果の高いとされるデュタステリドを主にお勧めしていますが、こうした治療薬を効果的に使えば、薄毛の進行を高確率で食い止めることができます。

そのためには、できる限り早い段階で治療を開始すること、正しい方法で治療することが重要です。 薄毛の家族がいる人はもちろん、そうでない人でも突然AGA になってしまうことはあり得ます。髪の毛が弱っていると感じたら、ぜひクリニックにて相談してください。