育毛シャンプーや育毛サロンは効果あり? 「育毛」の意味を解説

薄毛に効果があるとされる「育毛シャンプー」やヘアトニックは、数多く発売されています。それらの商品によく使われている言葉が「育毛」です。また、テレビの CM などでもよく見かける「育毛サロン」という施設もありますよね。この「育毛」どのようなものなのでしょうか。ここでは、育毛シャンプーや育毛サロンの効果やメリットについて解説します。

「育毛」は、頭皮ケアによって髪の生える環境を整えること

育毛の図

育毛という言葉は、厳密に定義が決まっているわけではありません。一般的には、「髪の生える環境を整える効果がある」商品に使われています。具体的には、以下のような効果がある商品を指します。

・頭皮に栄養を付加する。
・毛穴の皮脂汚れを取り除く。
・血行を促進し、頭皮に栄養が行き届きやすくする。

育毛シャンプーには、これらの効果がある成分が含まれています。また、育毛サロンで行われるさまざまなヘアケアも、これらの効果をもたらすことが目的です。頭皮の環境悪化は薄毛の原因の1つですから、一定の意味はあるといえるでしょう。

ただし、深刻な薄毛であるAGA(男性型脱毛症)に対しては、直接的な改善効果はありません。AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の増加であり、育毛ケアで抑制できるようなものではないからです。

「発毛」は医薬品にしか使えない。育毛シャンプーは医薬部外品

育毛と似た言葉に「発毛」があります。混同されやすいのですが、発毛という言葉は「薄毛を改善する(髪の毛を生やす)効果が医学的に認められた成分」にしか使うことができません。該当するのは、クリニックで処方されるミノキシジル、デュタステリド、フィナステリド(プロペシア)といった治療薬だけです。これらはすべて医薬品で、AGAにも効果が見込めます。

一方、育毛シャンプーの多くは医薬部外品に指定されています。「薬用◯◯」という名前が付けられているシャンプーは医薬部外品です。医薬部外品は医薬品ほど強い効果を持ってはいませんが、成分の種類や濃度がある程度制限され、人体に対する作用が緩和なものが該当します。医薬品と異なり、ドラッグストアで購入できます。

また、中には化粧品扱いになっている育毛シャンプーもあります。化粧品は、医薬品や医薬部外品と同じ効能をうたうことができませんが、効果がそれらに劣っているとは限りません。成分の制約がゆるいため、医薬品や医薬部外品に使うことができない成分を配合している場合もあるからです。

育毛シャンプーを選ぶ時は、医薬部外品や化粧品といった区分だけでなく、成分にもしっかりと目を通すべきでしょう。軽微なものではありますが、副作用が発生することもあるので、強い影響がないとはいえ、注意が必要です。

「育毛シャンプー」は気軽に使えるが、発毛効果はない

育毛シャンプーのメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

育毛シャンプーのメリット

・購入が簡単で、日常生活の中で気軽に使うことができる。
・薄毛治療薬に比べて価格が安い(1本で数千円ほど)。
・一定の効果はあり、頭皮の環境を整えることができる。

育毛シャンプーのデメリット

・直接的に発毛させる強い効果がない。
・AGAに対しては、補助的な効果しか持たない。

「育毛サロン」は育毛ケアが主体。医療行為はできず料金が高い

育毛サロンは、育毛ケアによって薄毛を改善することを目的とした施設です。受けられるサービスの内容としては、カウンセリング、頭皮の状態チェック、頭皮マッサージ、育毛シャンプーを使った洗髪などがあります。微弱な電流を使い、育毛成分を頭皮に浸透させる処置なども行われています。

ただし、育毛サロンはクリニックと異なり医療行為を行うことができません。ミノキシジル、デュタステリド、フィナステリド(プロペシア)などの治療薬の処方や、頭皮への薬の注入なども不可能です。直接的な発毛を促す施術ができないという点では、育毛シャンプーを使った自宅での頭皮ケアと変わりません。

また、育毛サロンは料金が非常に高いのも特徴です。相場としては、安いコースでも年間30万円、高いコースだと100万円を超えることも珍しくありません。育毛サロンに通う価値があるかどうかは、十分に検討する必要があるでしょう。

育毛サロンのメリットとデメリット

育毛サロンのメリット

・頭皮の環境改善に関しては一定の効果が見込める。
・シャンプーやマッサージは単純に気持ちよく、ストレス解消になる。

育毛サロンのデメリット

・医療行為が不可能で、直接的な発毛効果のあるケアはできない。
・AGAに対しては、補助的な効果しか持たない。
・発毛効果の割には料金が非常に高い。

「育毛」はあくまでも補助。本格的な薄毛治療はクリニックへ

育毛シャンプーや育毛サロンは、頭皮の環境をよくする上で一定の意味があるといえます。頭皮の血行不良や栄養不足は改善できる可能性もあるでしょう。しかし、AGA に対しては補助的な役割にとどまります。
AGAに効果がある治療薬を処方できませんので、頭皮の環境を整えることができても発毛の効果は薄毛専用の治療薬ほど強くありません。
AGA・薄毛でお悩みがある方は、専門の治療薬を扱うクリニックにご相談ください。