頭皮マッサージの効果と正しい方法

丈夫な髪を保ち薄毛を防ぐためには、頭皮の環境を整えることが大切です。髪にいいとされる食べ物を多めにとったり、生活習慣を正しくしていくことも効果的です。
それらと並んで頭皮にいいとされるのが頭皮マッサージです。頭皮マッサージでAGA(男性型脱毛症)や薄毛を直接改善することはできませんが、頭皮環境を改善する効果が見込めます。

頭皮マッサージは、血行を促進し頭皮に栄養を届きやすくする

頭皮マッサージ01頭皮マッサージについては「頭を揉む程度で髪が増えたりするはずがない」と考えている人もいるでしょう。確かに、治療薬を使っているわけではないので、直接的に発毛を促すことはできません。頭皮マッサージは、主に頭皮の血行促進を目的として行われます。

もともと、頭皮は体の他の部分に比べて、体温が1度から3度ほど低い状態です。そのため、どうしても血行不良に陥りやすく、頭皮に十分な栄養が行き届かなくなってしまうこともあります。髪が成長するためには栄養が必要ですから、血行不良になれば髪は元気を失ってしまい、生え変わりのサイクルに支障をきたすでしょう。

頭皮をマッサージすると、頭皮の血行が促進され、末梢血管にまで血液が行き渡ります。頭皮のすみずみに栄養を届けられれば、髪の健康も維持できるでしょう。また、マッサージはリンパ液の循環を促進する効果もあります。老廃物が排出されやすくなるので、頭皮の代謝がよくなり髪の成長サイクルを正常に保ちやすくなるのです。

なお、頭皮が血行不良かどうかを確認するには、髪だけではなく頭皮の状態をチェックすることが大切です。血行不良の頭皮は、柔軟性を失い固くなってしまう傾向があります。頭皮を触ってみて、ゴワゴワと固い感触がするならマッサージをしてみるといいでしょう。頭痛や首・肩の凝りも血行不良のサインなので注意してください。

頭皮マッサージはAGAを改善できない。補助的な意味はある

頭皮マッサージは、頭皮の環境を整えて髪を生えやすくすることが目的だといえます。そのため、AGAによる深刻な薄毛を改善できるわけではありません。AGAは、男性ホルモンの影響によって髪の成長サイクルが短くなることで発生するので、頭皮環境の改善だけでは治療できないのです。

頭皮マッサージの効果が見込めるのは、生活習慣の乱れや不衛生な環境での生活によって、髪が元気を失っている人です。髪をセットしていて、どことなく髪質が悪くなったと感じたら、頭皮環境が悪化しているのかもしれません。生活のリズムや髪の洗い方などを確認してみるといいでしょう 。

また、頭皮マッサージのような健康法は、長期間続けなければ意味がありません。薄毛になってから慌ててマッサージを始めるのではなく、まだ髪が健康なうちから日々の習慣としてマッサージを行うといいでしょう。AGAの治療中も、頭皮マッサージによって頭皮の環境を整えれば、治療の効果をより引き出せます。

頭皮マッサージは、部位ごとに正しい方法で行うこと

頭皮マッサージは適当に行えばいいわけではありません。十分な効果を得るためには、正しい方法で行う必要があります。頭の部位ごとにやり方を見ていきましょう。

前頭部

生え際の真ん中に両手の指を当て、上下に5~6回ほど動かし、だんだんと左右へ移動していきます。こめかみまで移動したら、指で円を描くようにマッサージをしてください。

側頭部

耳の上辺りに指を当てて、円を描くようにマッサージを行います。少しずつ上に移動していきましょう。

頭頂部

両手で頭全体を優しく包み込み、頭皮を左右から頭頂部に寄せるようにマッサージを行います。

後頭部

指を首の付け根に当て、上に向かってマッサージをしながら移動します。後頭部まで移動したら、指を左右に移動させつつマッサージをしてください。また、耳の後ろのくぼみも中指と人差し指を使って回すように揉みましょう。

頭皮マッサージをする時は、頭部のツボも押してみよう

頭皮マッサージ01頭皮マッサージを行う際に注目したいのがツボです。頭皮には数多くのツボがあり、その中には血行促進の効果があるツボも存在します。いくつもありますが、場所がわかりやすく、効果の期待できる代表的なツボは以下のとおりです。

百会(ひゃくえ)

つむじの少し前方にあるツボです。血行促進やストレス発散の効果があります。頭頂部のマッサージを行う際に、何度か押すといいでしょう。

角孫(かくそん)

耳の上、こめかみの辺りにあるツボです。百会と同様に血行促進の効果があり、頭痛解消や眼精疲労の緩和なども期待できます。

正営(しょうえい)

耳の上と頭頂部を結んだ線を、上から3分の1ほど進んだ場所にあります。血行促進に加えて老廃物の排出を促す効果があり、新陳代謝を高めることができます。

頭皮マッサージは指の腹で行う。やりすぎや衛生状態に注意

頭皮マッサージは髪にいいと知って、とにかく頭を揉んでみようとする人もいます。しかし、やり方を間違えれば逆に頭皮にダメージを与え、薄毛を促進してしまうのです。頭皮マッサージは以下のポイントに注意しながら行ってください。

指の腹を使って行う

爪を立てて力強くマッサージを行うと、頭皮を傷つけてしまいます。頭皮マッサージは、指の腹を使ってグッと押し込むように行ってください。また、マッサージの前には爪を切っておきましょう。

時間は1回5分程度で十分

気持ちいいからといって頭皮マッサージを何10分も行えば、かえって頭皮の負担となります。1回の時間は3分から5分で十分ですし、短時間でも毎日続けることが重要です。起床後や就寝前など時間を決めて、1日に何度か行うといいでしょう。

頭皮と手をきれいに洗ってから行う

汚れた手でマッサージを行っても、頭皮の衛生環境を悪化させるだけです。頭皮マッサージは、頭皮と手をきれいに洗ってから行いましょう。入浴後に行えば、どちらもきれいになっているのに加え、体が温まって血行促進しやすいのでおすすめです。

頭皮マッサージは髪の健康法。治療するならAGAクリニックへ

頭皮マッサージは、髪の健康を保つためのサポートとして、毎日数分間だけ行うのがベストだといえます。あまり力を入れたり長時間行ったりするのは逆効果ですから、加減が大切です。
AGAを直接改善する効果はなく、頭皮の環境をよくするための行為になります。薄毛が進行している人はマッサージだけでどうにかしようとせず、クリニックの方までご相談ください。