女性の薄毛について

  • 最近抜け毛が増えてきた
  • 薄毛になってきている気がする
  • 髪のハリ・コシがなくなってきた
  • 分け目の薄さが気になる
  • 髪の毛のボリュームがなくなってきた

このようなお悩みを抱えていませんか?女性の薄毛は特に、周りに相談することも難しいはずです。
女性の薄毛ももちろん治療できます。少しでもどうにかしたいと思っているのなら、ぜひ一度ご相談ください。

女性の薄毛の原因・症状

女性の薄毛は、男性と異なり様々な原因が考えられています。
ホルモンバランスの乱れ、生活習慣、過度のダイエット、ストレス、加齢などが原因としてあげられています。
多くは「びまん性脱毛症」として症状があらわれ、男性のように部分的に薄毛が進行するのではなく、頭髪全体が細くなったり薄くなったりします。

女性の薄毛はびまん性脱毛症。髪が全体的に薄くなる

女性に多い薄毛は「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は、頭頂部の分け目を中心に髪が全体的に薄くなり、ボリュームが落ちてしまいます。40代以降の女性で多く発症しており、今は大丈夫でも、将来的に発症する可能性があります。
こうしたびまん性脱毛症を引き起こしている原因として、最も多くあげられるのはFAGA(女性男性型脱毛症)です。女性ホルモンの減少などにより、体内にある男性ホルモンの影響を強く受けるために起きてしまうものです。

FAGAでは、男性のAGA(男性型脱毛症)と同じメカニズムが生じます。男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が増加し、髪の成長サイクルを短くしてしまい薄毛が目立つようになるのです。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因は?

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を促す効果がありますが、女性ホルモンの分泌が減少してくると、男性ホルモンの働きが活発化してきます。
女性のホルモンバランスを乱す原因はいくつか考えられます。

加齢

女性の体内の女性ホルモンの量は、年齢とともに減少します。その結果、男性ホルモンの働きを抑えられなくなり、40歳を超えたあたりからさまざまな影響が出始めます。

出産やピルの服用

出産が終わると一時的に女性ホルモンの働きが弱まることがあります。その影響で薄毛になってしまう人もいるのです。また、ピル(経口避妊薬)の服用をやめたあとも、妊娠出産と同じ現象が発生することがあります。

ストレス

強いストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを乱します。更年期前の人でも、ホルモンバランスが乱れれば女性ホルモンの働きが弱まり、FAGAを引き起こしてしまうことがあるのです。

不規則な生活、バランスの悪い食事

ホルモンバランスを保つためには、健康的な生活が何よりも大切です。睡眠不足、不規則な生活、バランスの悪い食事などは、いずれもホルモンバランスを乱すおそれがあります。女性の場合、極端なダイエットには特に注意が必要です。

女性の薄毛の治療

    女性は男性のAGA治療で良く使われるプロペシアやデュタステリドによる治療ができません。
    当クリニックでは、女性専用の治療薬を提供しているので安心です。
    また、女性専用のフリーダイヤルもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。