自分でできる薄毛予防

薄毛は全てAGAの症状というわけではありません。髪の毛の栄養が不足することで起きることもあるといわれています。

頭皮ケア

頭皮に皮脂がたまって汚れていると、毛髪の成長が妨げられます。
日頃から頭皮を清潔にしておくことが重要です。刺激を与えすぎないよう、シャンプーなどは弱酸性のものを使用するようにし、洗髪剤の成分が頭皮に残らないように、しっかりと洗い落としましょう。
また、頭皮の血行促進のため、優しくマッサージすることもおすすめです。

食生活

食生活が偏ってしまうと、栄養が十分にとれず、薄毛や抜け毛になるおそれがあります。
毛髪の主成分であるたんぱく質の合成を促進させるのがミネラルです。
そのため、たんぱく質を多く含む肉類、魚介類、大豆製品や、ミネラルを多く含む海藻類をとるなど、日頃からバランスの良い食生活になるよう、心がけましょう。

ストレス

過度なストレスは、自律神経に悪影響を及ぼし、血管の収縮を引き起こします。すると、血流が悪くなり、毛母細胞に栄養が十分に行き渡らなくなって発毛に悪影響を与えます。喫煙した場合も、同様の状態を引き起こします。
毛髪は、血液が十分に循環していないと育ちません。ストレス発散を心掛け、血液がしっかり循環する環境を整えましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠不足は、ストレス増加と血流悪化を招くおそれがあります。また、成長ホルモンがしっかり分泌されず、毛髪の成長を妨げてしまいます。
成長ホルモンは22時から2時の間に最も多く分泌されるとも言われています。
就寝時間を一定にして睡眠の質を高めたり、十分な睡眠時間をとって、頭皮や髪の毛の状態が良くなる環境を整えていきましょう。